どのように福祉資格を取得すれば良いか

どのように福祉資格を取得すれば良いか

どのように福祉資格を取得すれば良いか

日本も日に日に高齢化が進んでいき、福祉関係の資格の需要はどんどんと高まってきています。

 

この福祉関連の資格ですが、実は試験を受ける必要のないものも存在しています。
ある定められた条件を満たしさえしていれば取得できるものがあるのです。

 

この福祉関連の資格はたいてい実習を受ける必要があるものばかりです。

 

一例を挙げると、最近特に需要が高まっているホームヘルパー2級の資格があります。
この資格の場合は、研修の時間が130時間必要となります。
また、それだけでなく在宅サービス提供現場見学や介護実習、ホームヘルプサービス同行訪問も行わなくてはなりません。

 

介護関係の仕事につくにはやはり、現場を直接見て学んでいくのが一番良いのでしょう。
さらには、実務経験が要る福祉関連の資格もあります。

 

たとえばケアマネージャーは介護に関する計画を立てる手助けをしていく業務ですが、これは5年から10年もの実務を経なければ試験を受けることができず、その後試験に合格してはじめて取得することのできる資格です。

 

介護職は必要性が高まっていて、多くの人が目指す職業ではありますがその資格を取得するためにはかなりの努力も必要となるのも事実です。


ホーム RSS購読 サイトマップ